よくある質問

遮熱塗料の疑問②

断熱材と遮熱塗料の違いは何ですか?

建物の内外への熱の出入りを遮る、空気の断熱性を生かした建築材のことを「断熱材」と言います。すき間なく断熱することで天井や壁、床の表面温度を室温に近づけます。一方「遮熱」は、太陽の光エネルギーを鏡のように反射することで、熱を発生しにくくする技術のことです。
既存の家に「断熱材」を入れるには、大規模なリフォーム工事が必要なのに対して、「遮熱塗料」のリフォームは、「塗替え」と同時に遮熱効果が得られるということ。お家のメンテナンスに必要不可欠な「塗替え」の際、「遮熱塗料」を使うことで、夏涼しいという効果を感じることができます。

カテゴリー: よくある質問 パーマリンク