ペインター通信WEB版

タスぺーサーについて

「タスペーサー」ってなーに?


コロニアル・カラーベストといった屋根の素材の塗替えで使う道具です。
このタイプの屋根の塗替えの時、屋根の部材と部材の間に少しだけ隙間を作らなくてはなりません。
なぜかというと、塗料が密着してしまうと、雨水の逃げ道がなくなり、屋根下地の腐食の原因となってしまう場合があるからです。
これまでは、「縁切り」と言って、塗替えが終わってからカッターなどを使って隙間を作っていました。
これは、とても手間がかかりまた時間もかかりました。
この作業を短縮するために使うのが、この「タスペーサー」。
これを塗装する前に差し込んで、隙間を確保するという訳です。作業性も良くなり工期短縮にも繋がります。

施行例 東浜町 W様邸塗装工事
施行例 渡利 E様邸塗装工事
施行例 岡部 T様邸塗装工事

カテゴリー: ペインター通信WEB版 パーマリンク