意匠仕上げ

「意匠仕上げ」とは、壁面を塗る最終工程で、吹付やローラー、コテなどさまざまな道具を使って、デザイン性のある仕上りにすること。
店舗や住宅など壁面など、内外装用として用います。
洋風・和風問わず、個性的な建物の表情を表現することができ、職人の手のぬくもりが感じられるこの工法は、加藤塗装のおすすめです!

線01
いくつかのパターンをご紹介します。

意匠001

コテ仕様(木擦り)

意匠002

コテ仕様(砂岩調)

意匠003

ローラー仕上げ

意匠004

コテ仕様(ランダム目地有り)

意匠005

コテ仕様(ランダム)

意匠006

くし目

線01
それは実際に当社で施工した施工例をご紹介します。

ローラー

蓬莱町 O様邸

コテ仕様ランダム(目地有り)

北沢又 S様邸